年収=学歴×能力の常識をいとも簡単にぶち壊す最強のコミュニティー

年収=学歴

あなたはそんな風に教えられてきたのではないでしょうか。

そんなことは、この世界の常識だと、
あなたはそれが当然の如く認識しているかもしれません。

昨今、実力主義が台頭してきて、
年収=学歴の社会に
多少の歪みが生じてきているのは事実です。

学歴ではなく、スキルや能力、
そういったものが評価される社会にはなってきたかもしれません。

とは言っても、学歴が無視されているわけでは一向になく、

学歴が低いというだけで、履歴書にすら目を通さず、
不採用通知を出してしまうような、

そんな大企業も多くあるのではないでしょうか。

そんな今の時代は、
年収=学歴×能力
そういう時代にあるのではないでしょうか。

「何をいまさら」

そう思ったあなたは、
絶対に見過ごしてはならない、
あなたの人生を大きく左右するような、
とてつもない事実を見過ごしてしまっています。

実は、この多様化した、
とてつもなく広大な世界には、

「年収=学歴×能力」
こんな常識的な方程式を

いとも簡単にぶち壊してしまう、
そんなコミュニティが存在しました。

「ふざけるな!そんなのは完全に嘘っぱちだ、ただのでたらめだろ!」

そう、
あなたは思ったかもしれません。

数か月前の私であっても、もちろんそう思ったことでしょう。

昨年の春、晴れて大学生になった私は、
当然のように
「年収=学歴×能力」
を信じ、

勉強に励み、スキル・能力を伸ばす努力をしてきました。

大学にいる間に
様々な経験をし、実力をつけ、
社会の最前線で生きていきたい。

そんな風に思っていました。

そんなある時私は、
一つの、とてつもなく驚異的な、
コミュニティを発見したのでした。

「誰もが成功できる。」
「誰もが収益を手にすることができる。」

そんな理想を平然と語り、平然とビジネスをやってのける、そんなコミュニティでした。

私は、そのコミュニティの秘めた実力を信じ、
学生にしては高い入会費を払い、
速攻でそのコミュニティに入会したのでした。

そのコミュニティは、
完全会員制であり、
完全紹介制でした。

そして今回、
私は神戸まで行ってきました。

私の所属するコミュニティの、
コンベンションが行われたからです。

img_4951

そこで私は衝撃を受けました。

今まで考えてきた常識の、

究極の例外

をまざまざと見せつけられました。

そのコンベンションは、
ビジネスで大成功している「収益者」たちが、
コミュニティのメンバーに向けて話をする。

そんなコンベンションでした。

彼らは、日本の平均年収「400万」ちょっとを、
ビジネスを始めて数か月のうちに、凌駕したりしていました。

彼らは、日本の平均年収の

「10倍」

「100倍」

という額を、
20代前半にして、

獲得していたのです。

私にとっては、本当に衝撃的な事実でした。

なぜそんなことが可能なのか。
あなたはそう疑問に思うかもしれません。

その答えは意外と簡単なのでした。

それは、
年収=学歴×能力
という構図を作り出している社会のレール
だれもがのっているからだということです。

つまり裏を返せば、その当然のように存在する社会のレールから外れ、
自分の信じる、進みたいレールに向けて、前進していく、
そんな勇気ある行動を起こしてせば、自分の人生を大きく変えることは十分可能なのです。

年収=学歴×能力
というレールから外れれば、

年収=学歴×能力
なんていうルールに縛られることなく
生きることができるわけです。

そしてさらに驚くべきことがありました。

それはコミュニティに属する彼らは、

学歴もなく、才能もなく、能力もなく、スキルもない。
ときには友や、家族さえも充分ではない。

言い方は悪いですが、そんなこの世界の底辺を彷徨っていてもおかしくない

そんな人たちばかりだったからなんです。

私は「収益者」たちの表彰式や、
「収益者」たちの経歴や話を聞いていく中で、

震撼してしまいました。

こんな世界があったのかと。

年収=学歴×能力

そんな常識が全く通用しない世界があったのだと。

そう思ったのでした。

そんな最強のコミュニティに、私は所属しています。

この先の未来に何が待ち受けているのか、
そんなことは誰もわかりませんが、

私は、はるか遠くに、細くて、でも力強い、
そんな光を見た気がしました。

なぜ私がこんな話をブログに書いているのか。
あなたはそれがわかりますか?

私はその、あなたの知らないコミュニティを知っているからです。
私はあなたにそのコミュニティを教えることができるからです。

「そんなのに全く興味はない、」
そういうあなたはそれで結構です。

あなたは
年収=学歴×能力
という、社会が作り出した、
常識というレールにそって生きていくだけです。

もしどうしてもこのコミュニティの存在を知りたい、そう思うのであれば、
本気で行動を起こしてください。そして私に連絡をしてください。

ここまで書いてきてお気づきのことと思いますが、
私はこのコミュニティを発見できるような、
そんなコミュニティの情報は一切載せていません。

それは、このコミュニティには
中途半端な気持ちをもった人には来てもらいたくないからです。

もしあなたが、本気で興味があるのであれば、勇気をもって行動を起こしてください。待っています。

連絡が取りやすいように、私のFacebookのリンクを貼っておきます。活用してください。
https://www.facebook.com/kei.shimizu.12

広告