電通に何があったか~高橋まつりさんの想い

最近世間をにぎわせている電通の一連の事件。電通だけじゃないのかも?自分の職場にも似たような側面あるかも?という風に思っている人も多いかもしれません。今回は電通で顕在化した問題の裏側に何があったのか、それを考えてみることにします。

電通の事件

ことの発端は2015年の12月に遡ります。電通の1年目OLであった高橋まつりさんが、クリスマスに自殺したのです。そしてまつりさんは10/7に、労基に過労死認定を受けています。さらに厚生労働省は電通に対して労働基準法違反で強制捜査をしています。

hitomotiの記事(2016年10月)によると高橋まつりさんは、「最長で月130時間の残業などで、労働基準監督署から過労死認定されました!」ということです。月130時間ということは単純計算で毎日4時間以上も残業をしているというわけです。相当過酷な環境です。
そして高橋まつりさんは、自殺をする前に、長い間Twitterで過酷な労働について記録を残していました。

そうした記録のおかげもあってか労基が過労死認定を異例の早さで出し、厚労省が強制捜査に乗り出したともいえます。そうして考えると、まつりさんの貴き犠牲は、こうして電通という闇をかかえた大企業に、大きなメスを入れる大きな役割を果たしたといえるのではないでしょうか。

鬼十則

実は一連の事件の背景とも言えるのではないかと言われている、電通の厳しい掟があります。それは「鬼十則」と呼ばれているものです。鬼十則とは、電通のかつての経営者であった吉田秀雄(1903-1963)が作ったとされる、十の掟で、現在も社員手帳に記載されているということです。

以下が、その鬼十則です。

Photo

出典:電通「鬼十則」/Financialart

この鬼十則を見ていると、確かに今の時代にはない厳しさが込められており、ある意味素晴らしい掟ということもできるかもしれません。ですが残業月130時間という領域まで踏み込んでしまうとすれば、これはこの掟の解釈を間違っているとしか言えませんし、それがまかり通ってしまう文化には大きな危険があるといえるでしょう。

高橋まつりさんの想い

第5則には、「取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは…」という恐ろしい言葉があります。まさにこの言葉に示されているように、高橋まつりさんは、与えられた仕事を放さずそして自殺してしまいました。しかし高橋さんは、また別の意味でこの第5則を貫き通したといえるのではないかと思うのです。

高橋さんは電通で仕事をしてきて感じていたのではないでしょうか。この会社に深く根差した悪しき慣習を、そしてその根は深く自分が抗うことのできないレベルではないかと。高橋まつりさんは、この電通の企業形態を、組織としての在り方を疑問に思ったに違いありません。そしてそれを自分の手で変えたいと、そう心のどこかで思っていたはずです。高橋まつりさんは、自分の電通での記録を残し続け、そしてクリスマスという日本で大きな意味のある日に自ら命を絶ちました。そこには、自分のことを知ってほしい、自分が電通にされてきたことを知ってほしい、電通にこれから入社してくる人たちに同じ道をたどってほしくない。そういう想いが詰まっていたのでありましょう。まつりさんは、自分の死が世間に大きなインパクトを与え、日本が電通に大きなメスを入れてくれると、そう信じて空を飛んだに違いありません。

「取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは…」

殺されても話すな、その教えを信じていたのでしょう。そして電通の実態を世に知らしめすべく、殺されてもなお自分の任務を完遂したのです。

私たちは世の中をもっと見渡さなければいけないと思います。どこかで声をあげている人がいるかもしれません。静かにSOSを出し続けている人がいるかもしれません。一人一人にできることは少ないですが行動を起こしていくべきです。もっといい世の中にしたい、もっと住みやすい世界をつくりたい、その思いは皆同じではないでしょうか。私たちは企業や組織の悪しき文化と戦い続けなければなりません。

これまでの主要な記事一覧↓

・就活の準備はいつからやるべき?

・ソフトバンク、そして日本の企業体質はいかに

・教育大変革の時 ~Part1 日本の詰込み教育~

・教育大変革の時 ~Part2 大手予備校の将来性比較~

・乃木坂46 橋本奈々未 卒業センターの本当の意味とは

・文化的商売に根差した日本のハロウィン

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中